ヒゲ脱毛して後悔する瞬間は2つに分けられます。

  1. 好きな女性がヒゲが好き
  2. 脱毛しても生えてきた

どちらもヒゲ脱毛して後悔する瞬間ですが、自分の気持ち的に後悔することは「脱毛しても生えてきた」ことにあり、何も女性の評価に関しては気にすることはありません。

ヒゲ脱毛して後悔する瞬間

koukai

日々のヒゲを剃る行為が面倒になったり、髭剃りで肌が傷つくことを避けるために、ヒゲ脱毛を行う方が多くなりました。

後悔1:好きな女性がヒゲが好き

男性がヒゲ脱毛して後悔する1つです。女性の中にはヒゲがある男性に「かっこいい」や「ワイルド」、「大人っぽい」と思う方が多いです。たしかにヒゲがある男性がそう見えるのも、無理はありません。最近はサッカー選手や芸能人、アーティストなどヒゲを生やしている方も多いです。

しかし、ヒゲ脱毛をしないと肌が荒れることを考えてみましょう。女性がヒゲに良い印象を持っているのはキレイな肌があってこそのことです。先ほど挙げた方々のほとんどは「肌がキレイ」と大前提がない限り、女性がヒゲに良い印象を持つことはありません。

ヒゲを毎日剃る時間をスキンケアの時間にする

ヒゲ脱毛して、一番は朝の髭剃り時間がなくなることです。どんなに急いでいても、朝は必ず剃って行く方がほとんどです。中でも会社では、「ヒゲNG」の会社が多いです。もし剃り忘れたとしても、会社に行く前にカミソリを買ってトイレで剃っている方もいます。

そんな朝の時間がなくなることや、逆にそのヒゲを剃っていた時間をスキンケアにすることも可能になります。

肌がキレイになることは、顔の印象を一気に変えます。

後悔2:脱毛しても生えてきた

ヒゲを脱毛しても、再度生えて後悔する方もいます。ヒゲは脱毛しても生えてくることはあります。そのため、定期的にヒゲ脱毛をしないといけません。

しかし、ヒゲが確実に薄くなるため朝の処理が楽になります。定期的に通うことになっても1年1回ほどヒゲ脱毛を行うだけでもヒゲを抑えることができます。

ヒゲ脱毛をした男性は後悔している人は少ない

ヒゲ脱毛をした男性に後悔している人は少ないです。女性から思われていようとも、覚悟を決めて行った行為に後悔することはないです。その後、ヒゲが生えないことは想定おり、「自分がヒゲを生やしたらどうなるだろう?」とイメージトレーニングも完璧です。この全てをわかった上で後悔しているようではまだあなたの詰めが甘かったかもしれません。