ニードル脱毛によって毛母細胞を破壊することで、ヒゲは半永久的に生えなくなります。ニードル脱毛は脱毛方法の中でもトップの脱毛効果が期待でき、その効果は医療レーザーよりも効果が高いです。

ニードル脱毛は肌に関係なくできる

isshou

レーザー脱毛や光脱毛は肌の上から照射するため、肌荒れや日焼けした肌にも影響を与えます。しかし、ニードル脱毛は毛1本1本に針を通すため肌にダメージがかかることはありません。しかし、針によってはチタンやゴールドで作られている針があるため、差した部位が少し炎症を起こすものがあります。もちろん、絶縁材を使ったものもあり毛穴の奥にある毛母細胞だけに電気を流す構造のものもあります。

毛穴の奥に毛母細胞がある

毛を一生生えなくさせるためには、毛穴の奥にある毛母細胞を破壊するしか方法はありません。毛母細胞は毛を生成する場所で、毛根を抜いても毛は再び生える理由にこの毛母細胞の存在があります。

なぜニードル脱毛でしか破壊されないの?

毛母細胞をニードル脱毛で破壊することはできます。もちろん、レーザー脱毛でも破壊できないわけではありません。むしろ、現在の脱毛方法で「永久脱毛」と認められているものはこの2つの方法だけです。しかし、レーザー脱毛の場合、人によって与えられる毛母細胞のダメージが変わってくるため「誰でも確実に脱毛できる」と言うことはできません。

1回で脱毛は完璧にできない

毛には周期があり、脱毛でダメージを与えることができるものは、成長期にある伸びている毛のみです。また成長期の毛は全体の20%程度しかなく、全部脱毛するまでに少なくても5回以上の通院が必要になります。髭であれば毛の数も少ないため、長くても2年以内にはニードル脱毛で確実に生えなくなります。

一生生えないからニードル脱毛は高い

ニードル脱毛は1番高い脱毛方法です。「一生生えない」ための代償はそれなりのお金がかかり、髭が薄い方でも合計30万~50万円ほどかかります。他の倍近くかかることは目をつぶってほしいところです。そのため、最近では行っているエステが少なくなってきています。

一生髭が生えないことで得るもの

一生髭が生えなくなることで、得るものも一生であることを意味しています。中でも、髭を永久脱毛した方の口コミには「肌荒れがなくなった」「朝の時間に余裕ができた」「青髭で不潔に思われなくなった」という良いことが多いです。この効果が一生続くことで、「脱毛して良かった」と感じる方も多いです。