ヒゲ脱毛した後は1日以上はヒリヒリや炎症を伴います。毛を脱毛するほどの光や刺激を与えているため、肌に何のダメージがないとはいえません。ヒリヒリや炎症が治まらない限り、肌は赤くなった状態が続き見た目もよくありません。

ヒゲ脱毛した後はどのくらい赤くなる?

hirihiri

ヒゲ脱毛した後は、カミソリ負けした肌のように赤くなります。真っ赤になるわけではないですが、目立たないわけではありません。基本的には、2日ほどで治るのですが、それ以上に治りが遅い場合は他に原因があります。

ヒゲ脱毛後の炎症を抑える方法

ヒゲ脱毛後は、肌がヒリヒリと炎症を起こす可能性があります。中でも光脱毛やレーザー脱毛で肌が炎症を起こします。どちらの治療もメラニンに働きかける光で治療を行うため、肌に全くダメージなく治療を行うことは難しいようです。また、治療前に肌が荒れていたり日焼けした肌には刺激が強過ぎてしまい治療を受けれないこともあります。

軟膏を塗る

この方法はヒゲ脱毛したエステやクリニックでも行っている方法です。抗炎症作用のあるものを塗ることで、ヒリヒリや赤みを抑える効果が期待できます。ヒゲをレーザーや光で脱毛する際は、必ずと言っていいほど炎症を起こします。治療後に処方されたものを塗ることをおすすめします。

氷で冷やす

かなり原始的な方法ですが、ヒリヒリや炎症を起こした箇所は血液の流れが盛んになっています。そのため、冷やすことで血液の流れを抑えることができ肌の火照りを改善されます。

保湿して肌のバリア機能を向上

保湿は肌にニードル脱毛、光・レーザー脱毛のどちらにも共通して効果が期待できます。肌に何らかのものが触れたり、刺激が加わることで肌のバリア機能が低下します。バリア機能が低下した肌は、外部の刺激に過敏になります。その結果、肌が乾燥して外部からの刺激を受けて赤くなっている可能性もあります。保湿成分の多い化粧水やオールインワン化粧品を使うことで肌を保湿しましょう。

リスクを考えるとエステよりクリニック

光・レーザー脱毛を受ける際はエステよりクリニックで受けることをおすすめします。どちらも同じ治療を受けられる点ではリスクは変わりませんが、治療後のこういった後遺症を考えると、クリニックのほうがいいです。「どんな方法をしても赤みが引かない」といったときは真っ先に治療を行ったクリニックへ行くことで、治療後でも外用薬を処方されます。エステはニードル脱毛できるメリットもあるため、自分の合う方法を考えて脱毛していきましょう。