実際に永久脱毛と言っている全てが、半永久的に生えてこないことを言います。永久脱毛のイメージを「死ぬまで生えない」と思う方も多いですが、治療において「生えにくく」することはできても完全に生えない状況をつくることは難しいです。

永久脱毛しても再び生える理由

kesaisei

治療に一生という概念はありません。どの治療も絶対にその病気が再発しない可能性が0と言えるものはありません。それは脱毛でも同じように髭を永久脱毛する定義は再生率を0%に近づけたことを指します。

脱毛する意味

脱毛する意味はあります。毛穴の奥にある毛母細胞を焼ききる方法は永久脱毛しかありません。永久脱毛することで「毛が再生しにくく」なっていることは確実です。そのため、個人差によってきますが、1年近く治療を受けた後に3年以上生えなくなる方もいます。

また永久脱毛を行っているクリニックやサロンでは再び再生する毛を無料or安価で治療を受けることができます。可能性があるため、どの場所でも対策が考えられております。

永久脱毛しても生えやすい原因

  • 産毛が残っている
    光脱毛もレーザー脱毛もメラニンに反応して照射します。そのため、色素が薄い産毛や白い毛には反応しません。照射しきれず残る可能性が高いです。残った産毛が濃くなり、再び気になる髭になることもあります。
  • 光の出力が小さい
    肌の刺激を抑えて治療した場合に毛が残る可能性があります。毛母細胞の照射が上手くいかず残ってしまうと毛は再生してしまいます。中でも日焼けしている方は、脱毛器具が扱えないため無理にしても効果が薄れてしまいます。
  • 毛を抜いている部分に照射できていない
    日頃から毛を抜く習慣がある場合は、抜いた部分に上手く照射できず永久脱毛を受けた後に毛が生えてきます。なるべく、永久脱毛を受ける時は毛を抜かないでいることも大切です。
  • 男性ホルモンの分泌で毛が再生
    毛は男性ホルモンの分泌によって再生します。産毛が濃くなることや、永久脱毛していない部分の毛が濃くなることも可能性として考えられます。

髭を薄くする方法は永久脱毛

今ある髭対策に効果的な方法は永久脱毛です。やる意味を考えてしまったら世の中の女性は誰も脇を永久脱毛しません。毛はどの部分も再生しにくくすることが大切です。脇毛を処理した女性も定期的にクリニックやサロンに通って常に脇をケアしています。男性が髭を脱毛することと同じです。