ヒゲ脱毛後は肌が乾燥しやすくなったり、レーザーの威力が強いと肌荒れを起こします。中でも、ヒゲ脱毛後にニキビができやすくなった方が多いです。しかし、ヒゲ脱毛後にヒゲのあった部分をしっかりケアしないといけません。

ヒゲ脱毛後に大事なケア

higenikibi

ヒゲ脱毛後にニキビができる原因は以下のとおりです。

  • レーザーの威力が強い
  • 肌が乾燥する

主にこの2つが原因になります。どちらも予め抑えることができます。ヒゲ脱毛後にニキビにならないようにする方法を紹介していきます。

レーザーの威力が強い

脱毛に使われるレーザー照射はどれも肌のダメージを最小限に抑えられています。それでも、肌質で少しの照射も敏感に刺激を受けてしまいます。肌が敏感な方は最新レーザーを使用することをおすすめします。

レーザー治療後は肌を照射しているため、治療後軽い火傷状態になります。そのため、多少肌が強い方でも赤くなりますが、処方される薬や保湿成分のある化粧品で最小限に火傷を抑えることができます。

肌が乾燥する

ヒゲ脱毛後は肌のバリア機能が一時的に低下します。肌に熱を当てているため、肌が水分を蒸発させることで守ろうとします。治療して数日は肌のバリア機能が低下しているため、普段肌の荒れない方も荒れやすい状況になっています。ヒゲ脱毛後の数日は肌を気にして保湿を積極的に行いましょう。

保湿を行わないで肌を乾燥させたままでいると、皮脂が過剰に分泌され毛穴に皮脂が詰まります。詰まった毛穴から炎症を起こしニキビを悪化させます。

ヒゲがなくなっても肌は乾燥しやすい

脱毛しない限り残っているはずのヒゲがなくなると、ヒゲで守られていた肌が外気に触れることになります。その間は肌が外気に対応するまで乾燥しやすいです。ヒゲがなくなった後も肌を保湿することが大切です。

ヒゲがないことより剃る方が乾燥する

ヒゲを脱毛するより、ヒゲを剃る方が肌を傷つけて乾燥しやすい肌環境を作り出します。ヒゲ脱毛を考える方の中にも、「肌荒れを防ぎたい」と思う方が多いです。それだけヒゲを剃る行為が肌にダメージを与えていることを意味します。

ヒゲ脱毛後のニキビを一時的に済ませる

ヒゲ脱毛後のニキビはどれも一時的なものが多いです。しかし、男性は女性より肌を保湿しないといけません。「男の肌は皮脂が多いから大丈夫」と言っている方が1番危険です。皮脂の分泌を抑えるために保湿が重要です。ヒゲ脱毛を機会にスキンケアを見直してみてもいいでしょう。