髭をつるつるにすることに「少し不安」という方に「間引き」という方法を紹介します。髭をレーザーではなく1本1本施術するニードル脱毛で行います。毛同士の間隔をあけながら行うためにつるつるにはなりません。

ヒゲ脱毛で間引きする方法

mabiki

間引きは畑を耕すために、成長を阻害する芽を切って成長の妨げにならないように間隔をあけることを指します。そのため、ヒゲ脱毛でも「つるつるにしたくないけど」という方に用いられています。

キレイに間引きするならニードル脱毛

ニードル脱毛は毛の1本1本に針を刺し、電流を流して毛根に直接ダメージを与えて脱毛します。そのため、細かい作業になる間引きに向いています。また電気を流すため痛みを伴う可能性が高いです。

ニードル脱毛の効果

永久脱毛する中でもレーザー脱毛より効果的に永久脱毛ができうる方法のため、1年近く通っているうちに「髭が全く生えてこない」と感じる方が多いそうです。

ニードル脱毛の欠点

  • 費用が高い
    「1本いくら」や「時間いくら」と計算されているため、正確な金額は言えませんが、1回の施術で6000~12000円程かかります。
  • 治療が痛い
    針を刺すため、「チクッ」とした感覚の後に熱で毛根を焼いているため痛みを伴います。
  • 治療に1年かかる
    「永久脱毛できた」と感じるまでに1年はかかります。1ヶ月に1回の治療が必要のため最低でも12回の通院になります。

タトゥーを彫るより痛いと言われているぐらいで、治療する際に麻酔クリームや注射を受けることもできます。その分費用が倍近くになるため、どんどん費用がかさみます。

間引きは薄く見えているだけ

どうせ脱毛するなら間引きはおすすめできません。感覚が相手も髭が残ることに違いはありません。もともと毛が太く濃い方は余計に目立つように感じます。

間引きをできる技術も必要

間引きは施術する人の技量によってもかなり左右されます。毛の間隔をどれぐらいにすれば薄くなるか考えたうえで行うため、経験や知識、アイデアなどが必要になります。

髭を間引きするために、そういった方がいるクリニックや病院を探さないといけません。間引きは「薄くしたい」「少し残したい」と髭がない不自然さを懸念する方が多いため、需要は高いです。しかし、それに対しての供給が間に合っていないようです。